『インスタ映え』って言葉を

よく聞くようになって久しいですが


今更ながら、インスタグラムをはじめたのご報告です~

住宅のことだけでなく、関西でのおすすめスポットなども

更新しております。


インスタ

sh.home_ota


#泉北ホームが一万件目指してがんばります


住宅のいろはになるように日々更新がんばります。


インスタのほうが、気軽にみれるねと

お客様からお話しいただいたので

はじめてます。


継続は力なり。
スポンサーサイト
建築日記 | コメント(0)

エアコンのこと

2017/08/11 Fri 07:25

暑い毎日が続きますが、


エアコンを買う機会があったので

いろいろと勉強になったので

エアコンについて少し。



まず、エアコンって

どうやって選べばいいのかわからない。

電気屋さんで、一度は悩まれたことがあるのでは。。。


実は、広告で値段だけで買ったり、適当に買うと。

あとで『すご~~~く、損します。』



メーカーさんの選び方はもちろんですが

ちゃんとお部屋の大きさや、構造、階数、用途など

確認してから相談しましょう。



電気屋さんでもなかなかそこまでご提案はしていただけないので

まずは、多くの方がしっているようでしらない

『木造用』『鉄骨用』の違いから。


ここでの大きな勘違いは、ご自宅が木造だからって木造用の帖数にあわせた

エアコンでなければダメということではないこと

要は、断熱・気密性能に関連しているのです。

実は、高気密高断熱の住宅であれば、鉄骨用の帖数でも大丈夫。

魔法瓶状態になっている点では、木造と鉄骨、戸建てもマンションも

かわりないので、冷暖房効率が非常にいいのです。



注意点としては、マンションでも最上階、戸建ての場合でも

最上階(2階や3階)は、しっかり断熱仕様にしていないと

エアコンの効きが悪くなりやすいので、お部屋にいる機会が

多いお部屋などは、少し大きめなど注意するといいかもしれません。


一度、ご相談を受けた方は、電化製品が原因で冷房が効きにくい

という状況がありました。

お部屋のつかいかたによっては、容量をおおきくしてもいいかもしれませんね。



ご入居後によくある失敗談としては、お部屋の帖数に対して

エアコンの容量が足りない場合。

過度な負担がかかりほんとによく故障の原因になります。

また、省エネモードに移行せず、ずっとがんばり続けて動くので

光熱費が、すごく高くなります。

おうちもそうですが、エアコンの場合は10年程度が耐用年数と

いわれているので、10年スパンで光熱費も比較すると

お得にお買いものできるのではないでしょうか?




最後に、メーカーさんの選び方ですが

大別すると『人を冷やす冷房』と『空間を冷やす冷房』に

に分かれており、あとは暖房を使うか使わないか。


この点を決めてしまえば、ほとんど絞れてしまうので

電気屋さんで、聞いてみるのがいいのではないでしょうか。

※せめてこのあたりは知っているプロの方からは購入したいものですね。



住んでからも快適に。

泉北ホーム 
建築日記 | コメント(0)

バカンス~

2017/07/15 Sat 07:04

みなさまより少し早めにお休みいただきまして


きれいな海に癒されてまいりました♪



写真 2017-07-08 9 03 33_R




ついたその日に台風がきて焦りましたが。。。

次の日は台風一過。

こんな晴天に恵まれました。

日々の行いですね(笑)




みなさんはどちらか行かれる予定は??

楽しい思い出つくりましょうね

それではまた~~
建築日記 | コメント(0)

今月の結果〜

2017/06/15 Thu 07:50

やっぱり夏場はしっかりがんばってくれますね〜




2017061510515099f.png




電気代も少ないし


売電も18000円くらいありました。



冬場の分もしっかり発電してね〜




晴れがより一層好きになります。


簡単にシミュレーションできるので

ご用命くださいね〜
建築日記 | コメント(0)

本社会議にて

2017/06/01 Thu 08:50

今から月初の会議行われます。


会議の中では

新商品の説明があったり

勉強会が行われたりします。



20170601095318097.jpg




全営業参加で説明会が行われます。




また、新しい商品が増えるみたいです。



詳細は後日ですが、、、



しっかり覚えて

お伝えできるようにがんばります♪


新商品のヒント


『キッチン』

『収納』




お楽しみに〜〜
建築日記 | コメント(0)
 | HOME | Next »