耐震のこと

2017/05/06 Sat 07:07

GW期間中にはたくさんのお客様に
ご来場いただきありがとうございます。


いろいろなかたにお話しさせていただき
お話を通して、新しい知見が増え
日々楽しくさせていただいております。


このGW期間中にもお話しさせていただきました方で
例年と少し違った印象があったので
今日は少し、そのお話について


昨年の熊本の震災以降では
【耐震等級】という言葉が、
一般のユーザーさんにまで普及しました。


【耐震等級】とは1~3まで3段階あり、
もっとも性能の高いのが【耐震等級3】です。

ちなみに、
【長期優良住宅】の認定を取ろう思えば、
【耐震等級2】をクリアする必要があります。



このことは、言いかえると、

国としては、耐震等級2をクリアしていれば、

【長期にわたり良好な状態で使用するための
措置が講じられた優良な住宅である】

という認めているとも取れます。


しかしながら、木造での工法では
壁量計算という簡易な計算で
建築ができてしまっていることが
実状なのです。


『構造計算』がしっかり行われているか
新築だからと言って安心できない
規制になっているのが実状なのです。


どこで妥協するかもそうですが
やはり、決めては『実績』とお話しいただく方が
建築いただいた方の大半のご意見でした。

安心あってのおうちですからね。


ご納得いくまで、お話しましょうね。


それではまた~~



スポンサーサイト
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示